空き室を作らない

アパート投資において、より効率的に資金を回収するためのポイントとしていくつかのことがある。まずは、できる限り空室を作らないことが重要になる。空室が発生することで、そこから資金が得られなくなり、コストがかかるのみとなってしまう。その為、できるだけ空室を作らないように、退去者が出たらできる限り早く次の入居者を探すことを考えるということが重要になる。 この際、最近では不動産会社などによる運用の支援サービスなどもあるため、これらを活用しながら、対策を取っていくことがポイントになる。

アパート投資を行う場合には、アパートの物件の場所や状態など様々な条件によっても異なってくるが、一般的には数百万円程度の費用が必要になる。 これらの投資費用については、新築物件や中古物件など物件の条件などによっても大きく異なってくるということがある。但し、新築物件では入居者が集まり易いなどあるため、これらの条件と投資額を考慮しながら検討することが重要になる。 またアパート投資を行う場合、その諸経費として登記費用や固定資産税などの税金支払い、火災保険などへの加入など、物件の取得費用などとは別に費用が必要になってくる。また、通常は不動産仲介業者を活用しながら入居者を探していくことになるため、それらの仲介手数料の支払いも必要になる。