働く社員の満足度の重要性

オフィス

社員満足度の判断基準

近年、顧客満足度(CS)について調査し、自社の何が良くて何が悪いのかを分析する企業が増えてきています。しかし、顧客の満足にのみ調査をし従業員満足度について興味を示さない企業が多数存在します。従業員満足を向上させることによって、働く社員のモチベーションが向上し人間としての明るさ、礼儀、マナーなどの社会人としての最低スキルにも大きな磨きが掛かって行くことも事実です。従業員満足度には、職場環境や上司の指導方法、賃金や待遇といった様々な項目に分けられ、その全てが従業員満足度に大きな判断材料になると考えることが出来ます。従業員満足度での給料といった部分は、正直満足している社員は少ないと思います。しかし、給料面では大きな改善が難しいのが現状です。一番改善しやすい項目といえば、職場環境の改善であると言えます。職場環境とは、会社が意見を言いやすい環境であったり、理不尽なイジメやパワハラのない普通に働きやすい職場にしていく事です。会社の上司や先輩に当たるベテランがこのような環境作りを意識していれば、自然と従業員が満足する職場に成長していくものです。働く従業員も人間なので、人間関係が円滑にうまく出来るような社風であれば、従業員満足度は低くはならないと考えられています。顧客満足は企業の成長に必要不可欠な判断材料ですが、顧客満足は従業員満足があってその力で相乗効果を生むものです。会社で働く従業員の表情を見れば、おおよその判断は付くはずです。

Copyright© 2017 従業員満足度調査を実施しよう|会社の業績アップに繋がる All Rights Reserved.