リスクを把握

賃貸経営を始めるという場合は、赤字にならないために、リスクを抑える意識を持っておくことが必要になります。また、賃貸経営のセミナーも多く開催されるようになっていますよ。

この記事の続きを読む

投資家になる

不動産集客は、投資家にとって時間が取られてしまいかなりの労力が必要になります。 不動産に関する情報を宣伝し、さらに広告として掲載しなくてはいけません。このように様々な工夫が必要になります。

この記事の続きを読む

空き室を作らない

不動産運用を行う場合の方法の1つとしてあるのが、アパート投資である。賃貸物件のアパートに投資を行い、家賃収入で資金を回収していくという投資方法です。空き室を作らない対策が必要です。

この記事の続きを読む

マンションを購入

これから賃貸経営をしようと思っているならこちらのサイトがオススメです。空室を防ぐコツなども掲載されていますよ!

「いつかは一棟の投資用マンションを購入して、大家さんとしてマンション経営がしてみたい」と考えている人は意外と多いものです。分譲マンションの1室(区分所有)ではなく、一棟マンションを買えるようになるためには、金融機関から数億円の借り入れができるくらいの経済的余力(自己資金)がないとそもそも難しいため、ほとんどの人はマンション経営といっても、分譲マンションの1室に投資することで精一杯というのが現実ではないでしょうか。 しかし、結果的にはマンションの1室への投資くらいの金額に留めたほうがリスクは少ないといえるのです。以下で詳細に理由を述べていきたいと思います。 そもそも、マンション経営は賃借人がいてこそ成り立つものです。

これは、一棟マンションの大家さんであっても区分所有マンションの1室の大家さんであっても同じことです。 確かに一棟マンションであれば部屋数が複数あるため、もしそのうちの1室が空室となってもリスク分散ができるといえます。この点でいえば、区分所有マンションの1室の大家さんのほうがマンション経営のリスクを大きく背負っているともいえます。 しかし、そもそも一棟マンションの立地に問題があるような場合(最寄駅からの距離がとても遠い等のケースが考えられます)や、競合物件の多いエリアに立地する一棟マンションの場合には、いくらリスク分散効果があるといっても、そもそも賃借人の入居が見込めない可能性があるわけです。そうすると、金額が大きい分だけ借入金の返済ができないリスクは高まることにもなるのです。 マンション経営は簡単ではないことを、きちんと自覚したうえで投資するようにしましょう。